知らなきゃ損!男の愛情が今すぐあなたに集まる3つのポイント

LINEで送る
Pocket




男の愛情は24時間365日
エネルギー全開ではない。




日によって当然、冷たかったり素っ気なかったりと
まるで女性の気分と同じように目まぐるしく変わる。




とはいえ、そんなもん知らん!とっとと私に
愛情を注いでよ!与えてよ!って思うやろうし
彼のことを好きならもちろんそうなるやろ。




そんな男の愛情も3つのポイントを押さえたら
常に安定して注いでくれるようになるから
要チェックやで!


男の愛情を高める3つの方法




まず1つ目は笑顔や。




これはミサワが言うとる血液型相性や
星座の相性の良し悪し関わらず
笑顔でおることは共通のポイント。




男は視覚で情報を得ようとする生き物やからね。




あなたの今の感情や気分は全て
表情から読み取ろうとする。




せやのに、あなたが暗ーい顔しとったり
ムスッとしてたら男も面白くない。




俺とおるのに何でそんな顔をするんかと
逆にイライラしてくるのが男でっせ。




相手は鏡とはよう言うたもんや。




なので、恋して不安なのはわかるけど
なるべく男の前では笑顔でおること。


男の返事がなくても放置する




2つ目はこれや。




一番アカンのはLINEの返事が遅いからいうて
すぐに第二、第三のメッセージを続けて送ること。




男は思考回路が解決思考やさかい
あなたからのLINEも一つの作業にすぎへん。




あなたのLINEに好意を確認できたら
今すぐ返さんでも大丈夫やなと後回しにする。




それって別にあなたのことが嫌いでも
嫌でもなく、単に優先事項が他にあるだけ。




ここで連続してLINEなんかしてまうと
一気に「構ってちゃん」や「メンヘラ」認定されて
ますます男は避けようとするし連絡せーへん。




返事がないから言うて、連続でくるLINEほど
男にとって面倒で恐怖なものはないさかいな。




あなたもしつこい連絡や押し売りは嫌いやろ?




それと同じで、連絡がない時や
返事が遅い時などはいったん放置で様子見や。




そういった姿勢で、男は信頼されてるなとか
信用されてるなって感じて安心するんや。




男は見守られてるような気分になるさかい
そんな理解も思いやりもある女性のことを
決して無下には扱うことはせーへん。




放置することが結果的に愛情を生むってこった。


男に素直さを見せる




3つ目はこれや。




恥ずかしいとか照れとかで
素直に返事できへんとか甘えられへんとか
そういうことをしとると男は冷める。




遠慮したところで、男の評価がプラスに
なることは多くの場合ないんですわ。




男は自分の提案や話題に自信があるさかいな。




夜の女性がモテるのはまさにこの
素直さを前面に出して男と接するからやで。




男は恥じらいや遠慮を建前としか思えへん。




素直にワガママ言うたり、甘えたりできると
(可愛いな)ってどんな男は思うもんです。




そんな可愛げのある女性に対しては
アホのように男は愛情を与えたくなる。




どや?素直になる勇気は湧いたかな?




ただし、一つ注意点があるで。




ワガママ言うのも、素直に甘えるのにも
愛嬌と品がないとウザがられるんです。




いつもはちゃんとしてて
品行方正な女性が素直さを出すさかい
男はメロメロになるってこった。




普段からワガママ言い放題
甘えまくりな女性を素敵やとは思わん。




言うてしまえばギャップが大事ってこと。




小悪魔ってフレーズが世の中にはあるように
うまーくあなたの見せ方を変えたることで
男の感情は揺さぶられ、恋愛モードになるわけや。




ええかい?男の愛情を引き出すためにも
素直さを忘れんようにするんやで。


まとめ




さてさて、いかがやったやろうか。




男が愛情を与えたくなるように
気持ちに揺さぶりをかけるポイントは




・笑顔を見せる


・放置してあげる


・素直さを出す




の3つでっせ(*´з`)




なんだか男は何もせずに
あなただけが努力せなあかんように
感じるかもやけどそうやないで。




実際には男を操作しとるのはあなたのほう。




つまりは立場も逆転して
恋愛の主導権を握るのはあなたってこと。




そこまでは少し努力が必要やけども
得られる結果も未来もバラ色なんや。




できるかどうか不安に思うよりも
まずは一つでもやってみよう。




あなた次第で男の愛情はどないでもなるさかい。




ほな、また!














あなたの恋愛に役立つ情報を
定期的にお届けする
無料メールマガジン!