男が誘う時の本音は興味半分、好意半分

LINEで送る
Pocket




男に食事や飲みやお茶に誘われたことはあるやろ?




で、気になるのはその男性心理やんな。




なんであなたを誘ったのか?




今回はそんな男性心理について話していくで~


男が誘う時の本音は興味半分、好意半分




男ってどうでもいい女性なんか誘わへん。




せやさかい、男が誘うってことは
あなたに対して興味があるって証拠。




もっと言うと






興味半分、好意半分。






興味だけやと積極的には誘わん!!




好意もあるさかい誘うんやで!!




あなたをお誘いしたその先に
お付き合いとか体の関係とか
何かしらの急展開があったとしても
ええって思うとるしね。




男って別にお誘いしたその日に
関係が進んでも全く問題ない。




一回のお誘いで出来れば関係性が
一歩進んでくれれば御の字やし。




興味があるってことは
すでに異性として認識しとるってこと。




好意があるってことは
すでに彼女にしたいなって思っとる。




ここまで聞くと、誘った彼とのお付き合いは
既に決まりみたいやけども・・・・





当然そうならへん場合もある。





それはお誘いした一回目の時に
あなたの評価がマイナスにやった場合!!




男も最初の一回目が重要やと思うとるからね。




その時に思ってたよりも違うなって
男が思ってしもうたなら終わりや。




二回目、三回目とお誘いが来るかは
正直微妙な感じやで。




もしくは体の関係だけでもええかと
真剣交際は考えへんようになってるかもや。




なので、男に誘われた時っていうのは
お付き合いできる可能性が高いだけに
印象がマイナスにならんようにせなアカン。




ええかい?




男が誘う時は興味半分、好意半分や。




その半分の好意が100%になった時
男はめっちゃ本気になって口説きに入る。




最初の一回目でそれが確定するんやから
お誘いがあったら、粗相がないようにな。




不安やったり自信がないって言うなら
いつでもミサワは助けたるさかい。




一人で悩むのだけは止めるんやで~










あなたの恋愛に役立つ情報を
定期的にお届けする
無料メールマガジン!